事業案内

IPC及び、ハードウェアシステム開発

IPCカスタムメイド事例

某装置メーカ様
タッチパネルコンピュータ開発事例(10.4inc国産パネル+Atom-CPUボード)
・現状の仕入コストを20%低減したい。
・信頼性は従来機と同等にしたい。
・従来機の取付寸法を同じにしたい。
・上位互換を維持したい。
・海外部品を有効活用しコスト20%低減を実現
・信頼性の維持が必要な部品は国産品を採用。
・専用筺体を新規開発、部品の共通化で原価低減。
・タッチパネル部品を従来機製品と同製品にしドライバ変更を防止した。


ハードウェアシステム開発

画像配信システム(国立能楽堂様)

弊社では日本初となるパーソナルタイプの座席字幕システムを、国立能楽堂様向けにシステム開発いたしました。
前の座席の背面に小型液晶画面を設置し、ボタン一つで日本語表示・英語表示・表示オフを自由に選択できます。難しく思える能の詞章も、文字で見ると意外に理解しやすいもの。座席字幕では能の詞章を表示するほか、能・狂言の決まり事などを適宜解説し、能楽鑑賞をお手伝いいたします。英語表示では意訳と解説を表示し、初めて能楽をご覧になる海外のお客様にもお楽しみいただけます。


事業内容

PAGE UP